Vespaちゃんのクラッチ板 交換編 その3

  • 2017.10.23 Monday
  • 18:04

すぐさま、作業場に戻ります。「もう13時。いやいや、まだ13時。」

 

4時間かかってできたこと、それは、「タイヤ外し」です。

 

上出来じゃありませんか。「クラッチ」の「ク」の字にも、さわっていません。

 

タイヤドラム、ブレーキパネル、クラッチハウジをブレーキシュークリーナー、

 

ワイヤーブラシを使ってきれいにしていきます。

 

 

 

20年分の汚れはそう簡単に落ちませんが、ちょっとづつ金属部分が見えてくると感動です。

 

やっと、6本のナットが見えて、こんどは10mmレンチで外します。

 

ここらへんの工具はそろっているので、手こずりません。見えました。

 

「これが、かの有名なクラッチ様か!」やっと、「ク」に到達です。

 

グーグル先生によれば、真ん中の目のような物についているスプリングを

 

ドライバーで引っ張ってやり、外すようです。

 

「おー、外れた!」いちいち感動です。すると、またまた出ました。

 

 

大型ボルトです。しかし、よく見るとその大型ナットが大きなワッシャーによって曲げ留められています。

 

「何これ?陽気なイタリア人が、曲げちゃった的なやつ?」

 

グーグル先生によれば、ナットが緩まないないようにワッシャーを曲げて押さえ込んでいるようです。

 

それを、マイナスドラバーの先を使って、平らにしていきます。このナットが、メインシャフトの止めネジです。

 

「このナット、17mmとみた!」「ビンゴ!」なんとなくわかってきました。

 

特殊工具のクラッチ抜きを差し込んで、真ん中のボルトを締め付けるとあら不思議、

 

クラッチ様が外れました。「おー、やったー」「すげー」自分に感動です。

 

 

この頃になると、小学生の下校の時間のようで作業場の前を通って行きます。

 

「ここバイク屋やったけ?」「なんしよんやろ?」「すげー」いろんな声が聞こえます。

 

そういえば、お昼ご飯を食べるのも忘れてました。



 

   やっと、クラッチ様を分解です。またまた、特殊工具をつかって、スプリングを押さえ込みます。

 

オイルコントロールリングを留めてある、Cワッシャーを溝にあてがってドライバーで外します。

 

あとは、オイルで密着しているパーツを一枚一枚はがしていきます。

 

アウタープレート、クラッチ板、ドライブプレート、クラッチ板、

 

ドライブプレート、クラッチ板、インナープレート、スプリング、インナークラッチケースです。

 

「やったどーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

 

 

涙がでそうです。外は薄暗くなって、中学生がわいわいと帰宅しはじめたかた思うと、

 

あっと言う間に真っ暗です。秋の夕日は、つるべ落としとはよく言ったものです。

 

 あとは、昨日から用意したMOTUL漬けのMALOSSIクラッチ板といれかえて組んでいくだけです。

 

なんとか、バラした手順でクラッチを組んで、装着です。が、ここで事件が。。。

 

「コロン」「いま、なんか落ちたよね。」

 

何かわからんけど、3mmほどのちっちゃパーツが、エンジン内部に落ちていったような、

 

「気」がします。見間違いであることを祈ります。

 

あわてて、グーグル先生で調べます。落ちたのは、「半月キー」というものらしいです。

 

「クラッチ様をメインシャフトに差し込んでいくときは、インナークラッチケースの溝にある

 

半月キーに固めのグリスを塗って落ちないように細心の注意を払ってください。

 

落ちると、エンジンを全部ばらすことになります。」

 

「な、なんと!いまからエンジンをばらすですと!!」

 

朝からの出来事10時間分が、頭のなかで再生されていきます。

 

「卍、無理!」そして、Vespaちゃんは、バイク屋さんに緊急搬送されたのでした。

 

 

 

                                                                                                      おわり

スポンサーサイト

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 18:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    スピル落下事例はあまり見た事ありませんので興味津々なのですが、記事に続きが無く残念です…
    バイク屋に持っていかれたとの事ですが、どうなったのでしょうか?
    費用とか気になります
    • 通りすがり
    • 2018/11/17 9:15 PM
    記事みてくださってありがとうございます。バイク屋にもっていって、バラさずにスピルを磁石棒を使って探してもらいましたが見つかりませんでした。「ギアとかにも挟まってなく、どこかにうまいこと収まっているようなのでこれで様子みよう」という結構ポジティブな信頼でき車屋さんなので、現在もスピルは放置状態です(笑)普通にVESPA乗れてますので僕はこのコメントをいただくまで忘れてました。費用は諭吉さんひとりくらいでしたよ。
    • いざしん
    • 2018/11/19 9:05 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM